LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

お父さん

投稿者:Assam03

父と母は、私が小さいころから毎日晩酌をしていた。アサヒスーパードライ。子供ながらに、自分の親が好きな銘柄としてそれを覚えていた。
そんな私も成人し、自然と好きなビールはスーパードライになっていた。ようやく父と母とお酒が飲める。帰省するたびに一緒に飲んでいたが、近頃父は気管が弱くなり、アルコールを飲むとゼイゼイ言うようになってしまった。父ももう65だ。私は父が老いていくのを目の当たりにしたようで少なからずショックだった。いつまでも元気でいてほしい。楽しく過ごしてほしい。そう思っていたけれど。あれから父は、お酒を以前ほど飲まなくなってしまった。
無口で自分の部屋で音楽を聞くのが趣味の父も、晩酌の時だけは部屋から出てくる。でもこれからは一緒に飲めないのかな。そう思っていたのだが、ある日、母から父がノンアルコールのビールを飲んでいることを聞いた。なんだ、また一緒にお酒を楽しめるんだ。ホッとした。だってまだまだ私は、両親と沢山話して、沢山お酒を楽しみたいのだから。
私が帰省すると、スーパードライとダブルゼロが冷蔵庫に並んでいる。これからも元気で、いつもみたいに赤い顔をしながらお酒を楽しんでね、お父さん。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿