LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

食べて飲んで喋って、教えていただいたこと

投稿者:てこにゃん

20年も前のこと。勤め始めて10年が過ぎ、子ども達も保育園に入った頃です。
「仕事と家庭の両立を」と無我夢中に働いていた私に、先輩の公美さんと育代さんは、半ドンの土曜日、昼食によく誘ってくれました。職場の仲間数人から10人ぐらいが集まります。メニューを見るときから面白く、どこのお店の何が美味しいのか、みんなよく知っている二人でした。二人の注文は必ず、「瓶ビール、小ね。グラスは2つ」と続きます。「お昼からビール・・・?」と、初めは驚いていた私ですが、食べて、飲んで、喋って、仕事のこと、家庭のこと、人としての生き方のこと、話題はどんどん広がり深まっていきます。
縁あって12年間続いた昼食会。その中で、力が入りすぎると周りが見えなくなってしまうこと、立ち止まったり振り返ったりする余裕の必要性、芸術や自然に触れ本物を知る大切さなど、たくさんなことを教えていただきました。そして、ほっと一息、ビールを口にする楽しみも。
これから私は、後輩に何を伝えていきましょう。ビールを飲みながら、考えているところです。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿