LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

思い出の三ツ矢サイダー

投稿者:いっちゃんの孫

イラスト

おばあちゃんちにはケースで瓶の三ツ矢サイダーがありました。遊び行くと必ず出してくれて、ある日「何でおばあちゃんちはサイダーがいっぱいあるの?」と聞いたら「おばあちゃんは三ツ矢サイダーが大好きなんだよ」と言ってました。その時は「そうなんだ」と思い何にも気にしませんでした。
おばあちゃんが認知症になり、老人ホームに入り最初の頃は月に一回は必ず会いに行ってました。でも、私の顔を見ても覚えてないぐらいになった時から、だんだん会いに行くペースも減り半年に1回会いに行くか行かないかって感じでした。
ある日仕事から帰ると「おばあちゃんが亡くなった」と聞いて急いで会いに行きました。久々に会ったおばあちゃんは痩せていました。お葬式などが終わり家族でおばあちゃんの話をしていたら母が「前におばあちゃんは三ツ矢サイダーが好きだから家にあるって言ってたでしょ。確かに三ツ矢サイダー好きだったけど、一番の理由は、いつ孫が遊びに来てもいいように毎回ケースで買ってたんだよ。例えジュース目当てでも来てくれるだけで嬉しい」と言ってたそうです。それを聞いた時涙が溢れました。
今頃天国でおじいちゃんと仲良く三ツ矢サイダーでも飲んでるでしょうね。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿