LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

父と母の愛

投稿者:akari

私の母は、病発覚からたった5ヶ月で亡くなりました。あっという間の出来事に、私は気持ちが追い付かず自分の生活を荒らしてしまいました。私がちゃんとしなきゃ母が悲しむ、わかっていても、どうすればいいのかわからなくなり、動けないまま時を過ごしてしまいました。
ある日の夜、母の仏壇の前で父がビールを飲んでいました。仏壇には母のグラスがあり、父は仏壇をじっと見ながらビールを味わいながら「今日は結婚記念日ですね」と母に語りかけていました。その時、両親は結婚記念日や二人の誕生日には必ず二人でお酒を飲んでいたことを思い出しました。両親が好きなアサヒスーパードライを注いだグラスで、乾杯していた二人の笑顔が蘇り、その場で泣き崩れました。悲しいのは私だけではない、今こそちゃんと前に進むべきなのだと、父の姿が私にそれを教えてくれました。
それから数年、私も二十歳を迎え、両親の記念日にはふたりに混ぜてもらい、ビールを飲みつつ昔話をしています。私のずっと大切な時間です、もちろんこれからも。ただ、ひとつだけ変わったのは、健康を気遣うようになった父のために、糖質0のアサヒスタイルフリーになりました。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿