LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

最後にもらったプレゼント

投稿者:ゆめいろ時間

イラスト

私は大学生時代に、子供たちと野外活動をするボランティアを行っていました。その中にいたのが自閉症の障がいを持つコウちゃんです。コウちゃんは元気で笑顔が素敵でとっても可愛い6歳の男の子でした。1年間一緒に活動をしてきて、その日が最後のプログラムでした。私には心残りがあったのです。とても仲良くなれたけど、コウちゃんから意味のある言葉を一度も聞けていないことに。コウちゃんのお気に入りの飲み物はバヤリースのオレンジでした。山登りの最中、コウちゃんがオレンジジュースを飲みたがる度に、「ジュースだよ、ジュース。言える? ジュース」と何度もトライしましたが活動中に聞くことはできませんでした。そして、最後のお別れのとき。私はもう一度ジュースを見せて言ったのです。「コウちゃん、ジュースだよ。飲む? ジュースって言ってごらん」「じゅっす、じゅっす」コウちゃんがジュースって言った!!! 近くにいたコウちゃんの両親もびっくり。コウちゃんもなんだか嬉しかったのか、ニコォって笑っていました。バヤリースのオレンジジュースを見ると、コウちゃんのあの時の笑顔がふっと思い出されます。コウちゃんから最後に素敵なプレゼントを私はもらったのだと思っています。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿