LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

10年越しの結婚式

投稿者:くみ

イラスト

2000年、出産するために普通高校を中退した私は、社会人23歳の彼と17歳で入籍した。 すぐに式を挙げたかったのに、夫は「そんな金があるんやったら子供に回さな!」と取り合ってくれなかった。姑も「17歳なんて恥ずかしくて言えんから、親戚には19歳って事にしてる」と言うので、私は夫がその気になるまで待とう、と思った。
年子で二人目が生まれ、育児に明け暮れる中、同い年の友達が楽しそうで本当にうらやましかった。 子育てがこんなに大変とは思ってもいなかった。 しばらくして、上の子に障害があることが分かり、ますます挙式どころではなくなった。
2010年に入り、10回目の結婚記念日を迎える前に、「節目の記念にウエディングドレスを着て、写真を撮りたい」と夫に提案した。夫は「・・・いや、式を挙げよう!」と言った。その時乾杯したのがスーパードライだった。泣きながら家でビールを飲んだのは初めてだった。
そして数ヵ月後、私達は、小4と小3の子供達に見守られ、10年越しの結婚式を挙げた。呼んだのは両親と兄妹だけのささやかな式だったけど、私にとっては心に残るとても素敵な式だった。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿