LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

息子の成長

投稿者:ビール大好き

イラスト

先頃息子と相撲を取り負けた。柔道2段で90kgの私が13歳の息子に初めて倒された。50歳過ぎとはいえ力自慢の私が、いささかショックをうけていると「お父さん、今の本気?」と尋ねてきた。「本気な訳ないだろう」と笑ってごまかしたが、息子には分かったようでうれしそうにうなずいていた。
次にキャッチボールをしても今では息子の半分の距離しか投げられない、遊んでもらって楽しいが体力がついていかない。2年前までは私が手加減をしながら息子と遊んでやっていたのが、今では逆になっている。男としては非常に悔しい気持ちだが、親としては息子の成長は逞しく思えうれしい。
勝負の後「僕が大人になったらお父さんと2人で晩酌するのが夢なんだ」と照れながら息子がつぶやいた。本当にうれしいことを言ってくれる。このまま彼が横道に逸れることもなく立派に成人したあかつきには、おたがい男同志、私が大好きなスーパードライを2人で楽しく飲みながら、本当の友人のように気兼ねない関係で、息子が嫁をもらうまで仲良く彼の人生を見守ってやりたいと思った瞬間である。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿