LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

旅館でのおもてなし

投稿者:よっこ7

母84歳の誕生日は ある田舎の旅館に毎年泊まりに行っています。母のお誕生日ですのでと伝えると、みんなで記念写真をとってくださり、写真をいただきました。
夕食は、レストランが新しくできたので 椅子で座っての食事で、足の悪い母は喜んでいました。テーブルに着くと スタッフの方が、杖を突いている母を見て 椅子に座布団をおもちしましょうかといってくださり、孫娘や私達にも足元が寒くないようにと膝かけをよろしければお使いくださいと持ってきてくれました。
母がルール違反ですが、いつも飲んでいる十六茶が良いのでと持ち込みました 。正直私は、もって行くことに反対していましたが、母がいつも飲んでいるお茶だからと聞きませんので、少し後ろめたい気持ちもありましたが、持たせました。スタッフの方は、持ち込んでも何もおっしゃらないでいてくれました。おかげで細かいおもてなしの気持ちが、伝わるうれしい旅行となり、温泉の温かみが、体と心にもしっかり残り、本当に良かったねと母の笑顔が今もしっかり思い出に残る今回の温泉旅行でした。
お茶一本の事ですが、母にとっては、毎日飲んでいるお茶なので スタッフさんの暖かい思いやりに感謝するとともに 来年も母のお誕生日は、みんな元気で、この温泉旅館にくることを硬く心に決め、家に帰りました。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿