LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

手紙

投稿者:しいちゃん

イラスト

私は昨年ガンがみつかり、2月手術のため入院することになった。
入院前日、私は家族1人1人に手紙を書いた。感謝の気持ち、楽しかった思い出、元気に戻ってこれたらしたいこと・・そのとき子供は22と19。下の子は後2か月で20歳だった。手紙の締めには同じ言葉を書いた。「私が無事に戻って来れたらスーパードライで快気祝いしよう」
入院の朝、付き添いのため仕事を休んでくれた旦那さん。車のエンジンをかけに行っている間にベッドの上に、仕事にでかけた子供たちの部屋に、、そっと手紙を置いた。無事手術は終わり桜が咲くころ私は家に戻ってこれた。「ただいま」「おかえり」家族の声と、男3人で作ったらしい料理、そしてスーパードライが私を出迎えてくれた。「覚えててくれたんだ。ありがとう」後は言葉にならなかった。
その夜飲んだスーパードライは今まで飲んだ中で1番おいしく一生忘れられない味だった。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿