LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

ちいさなお土産

投稿者:猫里

エピソード写真

イラスト

末っ子の娘が3年生になり、遠足がありました。行き先は博物館とアサヒビール工場。
その頃、私は持病が悪化して自宅でほぼ寝たきりの療養中でした。娘は私に「大丈夫?」と心配しながらも楽しみにしていた遠足に出かけました。
帰宅した娘は「楽しかったー!」と言いながら工場内の様子を話しながら「はい」とポケットから小さな包み紙にくるまれたチーズを差し出してくれました。「これね、工場で三ツ矢サイダーと一緒にもらったの。だけどママに食べさせてあげようと思って」本当ならサイダーと一緒に食べたかったであろうチーズを私のために持ち帰ってくれたのです。そのチーズをそっと口に含むとほんのり心が暖まりました。どうもありがとう。大好きだよ。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿