LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

心の温かさは世界共通

投稿者:たまこりん

以前仕事でお酒を飲む席があり、雰囲気にのまれてついつい飲みすぎてしまいました。
居酒屋を出てからみんなとはぐれた後、突然気持ち悪くなってしまい駅のど真ん中で座り込んでしまいました。気持ち悪くて歩けずにいると、見ず知らずの外国人の方が「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。恥ずかしくて「大丈夫です。」というとその方たちは一旦去って行ったのですが、少しすると再び現れ、手には近くのコンビニで買ってきてくれたお茶が!「どうぞ」といって渡してくれて、近くの交番までつれていってくれました。
交番で少し休んだ後体調はよくなりました。ふと気がつくと手には「十六茶」が・・・! あの外国人の方たちがくれたお茶でした。1度立ち去ったのに心配になって再び戻ってきてくれて、お茶まで買ってきてくれた。
言葉が通じなくても、国籍が違っても、温かい心は通じるものなんだなぁとしみじみ思いました。思い出したくない出来事ですが、温かい気持ちにもなれる私にとって何とも不思議な思い出です。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿