LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

高原の風に吹かれ

投稿者:よっちゃん

大型連休が終わった7日の日、偶然私と妻は休日が重なり、「ね。明日二人だけでデートしない」と妻から思わぬ提案があった。二人だけのデートか、娘が生まれてから一度もなかった。18年ぶりの夫婦水入らずのデート。恋人時代に戻ったようでなぜか心が弾む。
子供たちが学校に行くのと同時に、二人の思い出の地まで妻の運転で車を走らせた。高原に座り二人で昼食のおにぎりを食べ終わり、私は冷たいスーパードライを飲もうと缶を開けようとしたとき、妻が「美味そうだな」と羨ましそうな顔で私を見ている。思わず妻に「飲む」とスーパードライを手渡すと嬉しそうに頷いた。私は帰りの運転があるので三ツ矢サイダーを飲み二人で乾杯した。「うまいね。20年前に戻ったようだ」。高原の風に吹かれているうちに二人は若かった当時の二人に戻り、恋人の時間を満喫した。
帰りの車では妻はほろ酔いで気持ち良さそうに寝息をたてていた。家に帰ればまた私はお父さん、彼女はお母さんの役割りに戻る。だが子供も段々手がかからなくなった現在、また時々恋人同士に戻るのも悪くないと妻も思ったに違いない。

このレターを…

Facebookでシェア

前の投稿

2013年のトップページへ戻る

次の投稿