LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

待ってるよ

投稿者:粉砂糖

次男の授乳期間も終わり、暑い夏にお酒を飲みたくなり、夕飯時にチューハイ果実の瞬間を飲んでいました。
お酒を飲むのは長男の妊娠前に飲んだっきりで、かなり久しぶりでした。パッケージの果物がすごく美味しそうで購入したのですが、飲んでみると本当に美味しくてごくごく飲んでいました。すると、その様子を見ていた長男が、「ぼくものみたい」と言うので、「お酒は20歳になってからだよ。お母さんは27歳だから飲めるんだよ」と教えました。今まで私が口にするもので長男にあげなかったものはないので、残念そうな顔を見て、まだ自宅でお酒を飲むのは早かったかな、可哀想なことをしたと少し後悔しました。
すると、もうすぐ4歳の長男が、「おかあさん、さんじゅうごさい(35歳)くらいになったらいっしょにのもうね! あーたのしみ」と言いました。毎日の子育てで精一杯でそんな先の未来があるなんて考えてもなかったけど、大好きな子供と大好きなお酒を楽しめる日がくるなんてお母さんも楽しみ。35歳と言わず、20歳になったら一緒に飲もうね。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿