LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

大切なニッカ

投稿者:kei

もう、20年前に母にあげたsuper nikka を 大事にとっておいてくれたのですが、容器も古くなりなんとなく誰も飲まずに今日まで来てしまいました。
明日は、ビン、カンを出せる日なので、私が古くて汚れたニッカを捨てようと母に言いました。さっそく私は、ビンを開けようとしましたが、あまり保存状態がよくないのでふたが錆びてしまい、割って燃えないゴミに出そうということになりました。 ところが、ビンは、想像以上に堅くて、シャベルでたたいても割れないので、私は、近くにあった空気入れでたたいてみました。すると、空気入れの足のところが割れて空気入れは使用不可能に。母からは、役に立たないうえに、余計なことをして損をしてしまって怒られっぱなしでした。
その後、蓋を触っていたらねじって開いたのです。もう、なんて運のない私。そして、中身を捨てて母に渡すと、「中身捨てちゃったの?」と呆れて怒る母。 だって、誰も飲まなかったじゃないと思いましたが、蓋があいてお酒の良い香りがしたら考えが変わった母に返す言葉もなく。私も、ちょっと飲んでみたかったな。そして、母は、その瓶が素敵なので瓶をきれいにゆすいでお花を生けたのでした。この瓶やっぱり捨てられません。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿