LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

初孫の効果

投稿者:きゅうさん

イラスト

小さい頃から、厳格で寡黙な父。子どもの頃から、私はあまり父と遊んだり話したりすることはありませんでした。私の妊娠を報告したときも、「そうか。」とだけ言って喜んでいるような素振りもみせませんでした。
そんななかで私は、妊娠8ヶ月の頃に切迫早産と診断されて、安静を強いられ精神的にも肉体的にも疲れ果てた毎日をおくることになりました。やっとお腹の子どもが大きくなって、いつ産まれても大丈夫と主治医に太鼓判を押されたとき、本当に嬉しくて旦那ともども、大喜びしました。
そして、予定日の1週間前に待望の我が子と対面することができました。私は1ヶ月ほど実家に戻り、生活することになり、まず父の変貌ぶりに驚くことになりました。「じいじでちゅよー。」と赤ちゃん言葉で名前はチャン付け。母に尋ねると、私が切迫早産と診断されてからあんなに好きだったお酒を断って、毎日仏壇の前でご先祖様に私と赤ちゃんの無事を祈っていたということでした。
ビール解禁になった父は、スーパードライを飲むと以前よりも饒舌になり、そんな父にお酌することが私の日課となりました。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿