LETTERS 〜日常にある、ココロあたたまるお話〜

真冬の林間学校

投稿者:ひとのり

親子で参加する冬の林間学校に家族四人で出向きました。山間の高原にある施設に車で向かう途中、雪が容赦なく降り続き、チェーンを装着してゆっくり車を走らせました。渋滞もあり、普通なら3時間ほどで着くところを、5時間かけて到着したときには、もうバテバテでした。
初日の行事をこなし、息子とゆっくり大浴場につかりながら「風呂上がりのビールが飲みたいなあ」とひとりごちました。林間学校ですので、もちろん飲酒は禁止。しかし、もう何日もアルコールを口にしていない身にとっては、疲れとストレスもあり、極限状態にみまわれていました。
そんなモヤモヤした気分で部屋に戻ると、ベッドの上にコンビニの袋とメモが一枚。「パパ、お疲れ様でした。これ飲んで明日も頑張ってね!」コンビニの袋を開けると、スーパードライが二本とおつまみが入っていました。驚きと感動で目頭が熱くなりました。「やられたなぁ...」と妻の優しさに感謝しつつ、もうすぐ入浴から戻って来る妻といっしょに飲む為に、ドライを雪が舞う軒先に出したのでした。

前の投稿

2011年トップページへ戻る

次の投稿